2016年10月24日

関西看護出版主催の「終末期における臨床アロマセラピー」in名古屋

今回は名古屋講演です!

名古屋もアロマ熱が上がっているようで、
沢山の方にご参加いただきました。
中には大阪や静岡からも。

DSC_2815.JPG

アシスタントの卒業生は、臨床アロマセラピストの吉田さん、
クリニカルコース卒業の森さんと藤井さん、クリニカルコース7期生となる近藤さん。
すでに準備完了!

DSC_2814.JPG

私も落ちついて講演開始!

DSC_0146.JPG
DSC_0147.JPG

実技の練習も皆さん真剣です。

DSC_0152.JPG

大盛況で終わった名古屋講演。次は京都です!

講演後は、恒例の卒業生とのお喋り会喫茶店
DSC_2820.JPG
DSC_2818.JPG

アシスタントありがとう!!!!!
posted by hcpro at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

神戸校第15期生、どんどん進んでます!

課題も順調に提出してますね!
8.jfif
7.jfif

10/22(土)は私の「内分泌」から。

6.jfif

内分泌、自律神経、免疫など、いよいよこれまで勉強してきたものがつながり始めます。

10.jfif


後半は、彦根市立病院の黒丸先生による「ホリスティックコミュニケーション」

9.jfif

コミュニケーションの仕方によって、
患者さんの中にある力や変化していくことが
デモンストレーションで理解できたと思います。

14.jfif

サイン会も大盛況(笑)
11.jfif

恒例の黒丸先生を囲んでの懇親会。
盛り上がりました!!

unspecified.jfif
IMG_3848.JPG
5.jfif
2.jfif
4.jfif
1477138149303.jpg

10/23(日)は、志田先生の「健康心理学」から。

16.jfif

いつも明るく爽やかな志田先生黄ハート
笑顔が絶えない授業でした。
身体を動かすことで心がどのように変化をするか体感しました。

19.jfif
21.jfif

午後は、稲田先生による実技「腕部」

23.jfif
25.jfif
27.jfif
28.jfif
29.jfif
40.jfif
42.jfif

腕は細かい手技がいいのですが、しっかりと下肢を使って体重移動してください。
身体で覚えてくださいね。やさしい気持ちでマッサージしましょう。
posted by hcpro at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月21日

神戸校14期生、クリニカルコース6期生の合同卒業式(^O^)/ Part3

居留地のレストランCARTAでパーティ開始!

47.jfif

乾杯は、クリニカルコース6期生の篠田さん

48.jfif

さあ、食べるよ!

52.jfif
50.jfif
49.jfif

クリニカルの田中さんが、おはぎをいっぱい持ってきてくれました!

53.jfif

途中、クリニカルの宮崎さんが、タップダンスを披露してくれる場面も
カッコいい〜!!

56.jfif

みんな楽しく最後の時を楽しみましたるんるん
55.jfif57.jfif58.jfif59.jfif60.jfif

クリニカルコース6期生
プロフェッショナルコース14期生


本当に卒業おめでとう!
さあ、自分の道へと出発です。


66.jfif
posted by hcpro at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

神戸校14期生、クリニカルコース6期生の合同卒業式(^O^)/ Part2

次は、修了証と記念品の授与式
(一部しか写真がなくてごめんなさいね)

プロフェッショナルコースのみなさんは、
なんとなくホッとした様子です。

7.jfif
8.jfif9.jfif10.jfif12.jfif11.jfif

クリニカルコースは…涙・涙・涙・お笑い?!
達成感で満足、でもどこか寂しい。

13.jfif14.jfif15.jfif16.jfif17.jfif18.jfif19.jfif23.jfif24.jfif25.jfif22.jfif20.jfif21.jfif26.jfif27.jfif

それぞれのコースにご挨拶をさせていただきました。
1年間の色々な思い出がよみがえり、私も胸いっぱい。
そんなに鍛えなくてもというぐらいのカリキュラムだから、
全員で乗り切った、その力に心から拍手を送りたい気持ちです。

28.jfif

竹林先生からも

35.jfif

プロコース14期生の総代挨拶

37.jfif

クリニカルコース6期生は全員で

41.jfif

やっぱり川本さんは泣いちゃったね(笑)
いろいろな思いがあったんだと思います。

42.jfif

そして、クリニカルコースのみんながつくってくれた動画を

40.jfif
39.jfif

観ようと思ったら、途中で止まるハプニング
ハプニング好きの6期らしい(笑)

さあ、場所をレストランCARTAに移してパーティだ!
posted by hcpro at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月13日

神戸校14期生、クリニカルコース6期生の合同卒業式(^O^)/ Part1

1.jfif

稲田先生の司会で始まりました!
今年の神戸校の記念講演は、元神戸製鋼ラガーマン、現神戸親和女子大学准教授の
平尾 剛先生。

100.jfif

さすが背が高い!
でも分厚い感じのラガーマンのイメージと違います。
それには訳があったのです。

2.jfif

昔は筋肉をつけ、身体を大きくしていくことが第一線のアスリートの条件だったそうです。

3.jfif
4.jfif

そのために怪我をし、脳震盪の後遺症で苦しんだ日々。
そこでわかった本当の「身体」の意味。

質問は竹林先生から「難波走り」について

5.jfif

身体について間違った考え方が多いのではないか。
強い体は筋肉の大きさではなく、しなやかさ方が大事なのではないか。

知っているはずの自分の身体を、本当に知っているのでしょうか?
無理させているのかもしれません。







posted by hcpro at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月26日

臨床アロマセラピスト協会(JCAA)第2回総会 PART7

いよいよラストです。

お仕事で午後から参加していただいた監事の
佐々木弁護士にご挨拶をいただきました。

ぜダ.jpg

同じ専門領域をもつ者同士が集まることはどの領域でも重要なんですね。

最後は私から「これからの臨床アロマセラピーの方向性」について
お話させていただきました。

エszxrw.jpg

皆さんの目の前に広がる可能性をしっかり見つけてほしいと思います。
たくさんの患者さんが待っていますよ。
常に研鑽し、今日より明日の方が成長していられるように
1症例、1症例、真剣に、そして優しい気持ちで取り組んでくださいね。

fszdx .jpg

また来年、笑顔で会いましょう!
合言葉は、「J」
posted by hcpro at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

日本臨床アロマセラピスト協会(JCAA)第2回総会 PART6

次は、ワールドカフェ!
竹内先生の司会で始まりました。

wszdx .jpg

3つのお題について、卒業生同士語り合います。

だふぁunspecified.jpg
だあrunspecified.jpg
てfせunspecified.jpg
らだせunspecified.jpg
だfせunspecified.jpg
かえれunspecified.jpg
ああえfcunspecified.jpg
vcfれunspecified.jpg
dふぇあcunspecified.jpgdふぁunspecified.jpg
cぇ c.jpg
dcぜunspecified.jpg

来賓の先生も参加していただいて、大盛り上がりるんるんるんるんるんるん

PART7へ
posted by hcpro at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

日本臨床アロマセラピスト協会(JCAA)第2回総会 PART5

fsz .jpg

名古屋医療センター緩和ケア科専従ナースの松野さんのご紹介で
富山県立中央病院緩和ケア科部長
日本シコオンコロジー学会認定CSTファシリテーター
竹川茂先生にお越しいただきました。

14355548_939827826144704_2064918521739272197_n.jpg

今回は「ダブルメジャーの可能性」というテーマで
お話いただきました!

えszd .jpg

外科医から緩和ケア医、そしてがん哲学外来へと先生のお考えが
変わっていったナラティブを自分のこれまでの軌跡を振り返りながら、
聞かせていただきました。

さて、みなさんはこの写真を見て、何を思いますか?

14449721_939827886144698_351117191643506078_n.jpg
んhytunspecified.jpg

竹川先生のお人柄に触れ、何人もの患者さんの心が救われたことでしょう。
以前、医療用ウイッグのスベンソンでご一緒させていただいたときも
たくさんの患者さんが先生に会いにいらっしゃってました。
ホッコリと、大きく包まれる感じが何とも言えず心地よく。
私も何だか温かい気持ちになりました。

ありがとうございました<(_ _)>

続きはPART6へ






posted by hcpro at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月25日

日本臨床アロマセラピスト協会(JCAA)第2回総会 PART4

ランチタイム!!(^O^)/

dfwunspecified.jpg
dfB.jpgdれらunspecified.jpgfsvunspecified.jpgfだunspecified.jpgvdsfunspecified.jpgvsvunspecified.jpgvzdらunspecified.jpgvふぇunspecified.jpgヴぁふぁunspecified.jpgふぁ .jpgbfdfunspecified.jpg

ランチタイムのあとは、ジェーンバックル先生からのメッセージ

DSC_2713.JPG
DSC_2701.JPG

Thank you!!
でもまだ博士課程終わってないよ〜(^^;)

PART5に続く…


posted by hcpro at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

日本臨床アロマセラピスト(JCAA)第2回総会 PART3

各領域で活躍するセラピストの報告の続き。

次は、住居型有料老人ホームで看護師として
アロマセラピーも含めてケアを行っている兵庫の長谷川さん。

rsunspecified.jpg
vScunspecified.jpg

高齢者に対するアロマセラピーの効果はいくつも報告されていますが、
実践をする上では、まず環境を整えてスタッフの理解を得ることが重要。
長谷川さんはスタッフのみなさんにアロママッサージをしながら、
理解を得る努力をしてきたそう。大事なことですね。

次は訪問看護ステーションで活動する滋賀の谷口さん。

czcdunspecified.jpg
vScunspecified.jpg

谷口さんが流してくれた動画でみんな胸が熱くなりました。

htunspecified.jpg

人の命は尊い。それを支え守る責任があるとあらためて思いました。

最後は大学附属病院で活躍する2人。
まずは小児科の看護師、岐阜の坂田さん。

xcc .jpg
xccunspecified.jpg

院内で、業務の合間に時間を作ってアロマをしていた坂田さんですが、
その効果を認められ、上層部から材料費が出るようになったそうです。
症例では、終末期の子どもの喜ぶ姿が目に浮かびました。

もう一人は、奈良医大の緩和ケアチームで活躍する北出さん。

vzunspecified.jpg
SdC.jpg

医師の協力が得られる理想的な環境ではありましたが、どんな患者さんが
アロマ適応か、医療スタッフにどれだけ信用されるか、最初は試行錯誤の毎日。
でも重篤な患者さんのケアをきっかけにどんどんスタッフから依頼が増え、
今は病棟だけでなく、外来でも行うようになりました。
アロマが励みになったり、休息になったり、症状の緩和につながったり、
家族のケアになったり…可能性がたくさんあることを報告してくれました。


続きはPART4…
posted by hcpro at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

日本臨床アロマセラピスト協会(JCAA)第2回総会 PART2

第2回は「可能性を広げよう!」というテーマで始まりました!
司会は、JCAA事務局の北出さんと荻沢さん
だ.jpg

まずは理事の竹林先生と田村先生からご挨拶を頂戴しました。

dcvunspecified.jpg
bvcunspecified.jpg

続いて、JCAAの新しい取り組みの報告。

名古屋の吉田一江さんから、ボランティアの報告

zzfr.jpg

8月に新たに名古屋で始まった介護施設でのボランティア活動。

IMG_3142.JPG
IMG_3147.JPG

みんなも注目です。
bvfdswunspecified.jpg

続いて、神戸校の奥屋さんからスキルアップセミナーの報告。

bgvfでunspecified.jpg

これからもしていきますので、どんどん利用して自分のスキルの
keep&UPを目指してください。

この後は、各領域で活躍する卒業生の報告です。
座長は稲田先生。

frunspecified.jpg

まず、広島で独立開業している舩津さんの発表です。

hgtrunspecified.jpg
うytれunspecified.jpg

思いがけないご主人の転勤で、知らない土地にきてしまってから
どのように情報を入手し、どのように活動の場を広げていったかよくわかりました。
努力の甲斐あって実ってきましたね!

次は、独立開業しながら、産婦人科領域でも活躍している
静岡の大村さん。

sunspecified.jpg
gs.jpg

いつもながら講演が上手で、頭にスムーズに入ってくる話し方はさすがです。
大村さんは行政の子育て支援にも参加していて、ネットワークをどんどん広げています。

続いて、児童デイサービスで活躍している兵庫の藤本さん。

hうぇtgunspecified.jpg
えtgunspecified.jpg

子どもたちがアロマを受けて、とても幸せそうな顔をしている様子が
わかりました。子どもたちの成長に役立っているのだと感じます。

今度は女性支援に力を入れている大阪の生魚(イキオ)さん。

bwunspecified.jpg
rfunspecified.jpg

いじめや虐待…女性ばかりではないけれど、やはり対象になりやすい女性たちを
何とか救うためにいろいろなサポートが考えられていることがわかりました。
香りやタッチがその一役を担っていることも。

PART3につづく・・・







posted by hcpro at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月22日

日本臨床アロマセラピスト協会(JCAA)の第2回総会! Part1

2016年9月19日(月・祝)
昨年は神戸で、今年は名古屋で開催いたしました!

unspecified.jpg

会場は、松野先生のご尽力で国立病院機構 名古屋医療センター講堂を
お借りすることができました。
以前、ここで講演をさせていただいたこともあるので、懐かしい。

DSC_2689.JPG

評議員のみなさんが手伝ってくれて、準備が着々と進んでいます。

DSC_2691.JPG

卒業生のみんなも続々と登場です。
1年ぶりに会う同期もいて、会場はいっぺんに同窓会(笑)

DSC_2693.JPG

いよいよ始まります!!

posted by hcpro at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月12日

エビデンスに基づく統合医療研究会(eBIM)でポスター発表

年に1回、9月第1週に開催される
エビデンスに基づく統合医療研究会。

DSC_2640.JPG

1年間、プログラム委員として関わらせていただいたので
たくさんの方にご参加いただけて本当に良かった(^O^)/

20160903_133359396.jpg

ブースも盛況でした!

DSC_2612.JPG

懐かしい卒業生に会えるのも楽しみのひとつ。

DSC_2610.JPG
今年は、稲田先生と北出先生がポスター発表しました。
稲田先生は、「不妊症治療を受ける女性へのアロマセラピーの効果」、

1473002035742.jpg
1473002044099.jpg

北出先生は、「大学病院におけるアロマセラピー導入」

IMG_0469.JPG

それぞれのテーマで研究成果を発表しました。

発表後は、座長の先生や参加者から質問を受け、
それらにもしっかり答えていましたよ。

修正7.jpg
修正8.jpg

素晴らしい!! また成長しましたね。

2日目には、「癒しのワークショップ」
前半は、木村先生の「ヨーガ療法」

IMG_0488.JPG

後半は、「アロマハンドマッサージ」
私は、クリニカルコースの授業でしたので
今回は稲田先生がデビュー。

IMG_0499.JPG

加えて柴田先生、永田先生、北出先生、卒業生の羽場さん、松下さん、近藤さんと豪華メンバー。

修正1.jpg
修正4.jpg
修正2.jpg
修正3.jpg
修正6.jpg

みなさん、お疲れ様でした!
いい勉強になりましたね。

来年は神戸大学の平井先生が大会長ですよ。

DSC_2614.JPG

楽しみです! 
posted by hcpro at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

HPSの講師の記事が続々掲載! part3

Part3は、予告です。

精油学の柴田先生の記事がが、もう一つの専門であるⅿテクニックⓇで
「透析看護」」に掲載されます!

また発刊されたら、お知らせしますねるんるん
posted by hcpro at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

HPSの講師の記事が続々掲載! part2+!(^^)!

今度は、相原です。

医療用かつらの潟Xベンソンの患者様用情報誌に
私のコーナー「香りのクリニック」があります。

第2弾が掲載されました!

DSC_2634.JPG

それと今回、とてもうれしいことが!
春にたくさんの卒業生と取り組んだ、潟Xベンソン×HPSの企画が大好評で、
たくさんの店舗からお客様セミナーの依頼が!

DSC_2635.JPG

神戸店は私が担当するつもりですが、
各地で開催されますので、卒業生のみなさんもお願いしますね!!
posted by hcpro at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

HPSの講師の記事が続々掲載! part1

まずは、「セラピスト」10月号
臨床アロマセラピストで当校の店舗統括マネージャーの北出先生が
取材を受けました。

DSC_2630.JPG

北出先生は、学園南クリニック(整形外科)、
関西リハビリテーション病院(リハビリテーション科)、
ナチュラル心療内科クリニック(心療内科)、など様々な領域で働いていますが、
今回は、奈良県立医科大学附属病院の緩和ケアセンターでの
医師や看護師とのチーム医療が掲載されました。

DSC_2631.JPG

北出さんの姿は、臨床アロマセラピストが目指すところだと思いますが、
ただ「やりたい」だけでは叶いません。
しっかりとした精油知識と施術技術、医療者との良質なコミュニケーション力、
患者さんの状態を把握するアセスメント力、ケアリング能力など
兼ね備えなければなりません。

DSC_2632.JPG

もうすぐ、クリニカルコースの認定試験と進級試験が始まります。
クリニカルコースの志願者が年々多くなり、志を高く持ってくれていることを
嬉しく思いますが、クリニカルコースを卒業するだけでなく、必ず認定を取って、
北出先生のように患者さんのために活躍してください!

必ずね。



posted by hcpro at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月06日

クリニカルコース第6期生、最終授業。

病院実習も最後となりました。

DSC_2608.JPG

ドキドキしながら、バタバタしていた頃が懐かしいくらい(笑)、
みんな患者さんに関心をしっかり向けられるようになり、
ケアに専心できるようになりました。
まだ課題を抱えている人もいますが、それはこれから50症例を取る中で
少しずつ解決していきましょう。

初めの授業は、実習の報告から。

f.jfiffuyg.jfifihj.jfifjhk.jfifiyd.jfifu.jfifsdfghj.jfifindex.jfifsdnm,.jfif

ケアは患者さんとの間の相互作用。そのことの意味が少しずつわかってきましたね。
治療的自我の成長が大事だということも。

次は、柴田先生の「障がいをもつ子どもたちへのアロマケア」

gyb.jfifxcvbnm,..jfif

2年間、児童デイサービスで実践してきた柴田先生の経験に基づく
授業は、心動かされた方も多かったと思います。

後半は、石部先生の「リンパ浮腫の集学的治療」

zxcvbm,..jfif

複合的理学療法とは、@圧迫療法 A圧迫下運動療法 B皮膚管理(スキンケア)
C用手的リンパドレナージ D自己管理指導 E日常生活指導を効果的に組み立てて行う治療です。

rhkm.jfif

その中で、バンテージの体験
tgv.jfif
sgfv.jfif

ストキングによる圧迫療法の体験

dvbn.jfif

最後にリンパドレナージの実習

IMG_3732.JPG

アロマセラピーマッサージとは目的も特徴も違うことを理解してくださいね。

2日目は2コマとも相原が担当。
まずは、研究班の研究計画発表から。

;h.jfif
h;jm.jfif

これらの結果は、日本アロマセラピー学会や日本統合医療学会で発表する予定です!

次に「メディカルアロマセラピー」

kg.jfif

日本で使われる言葉「メディカルアロマ」とは全く違い、
精油の薬理作用だけを考え、治療を目的としていることがわかったと思います。
ただ、そうした薬理作用も考慮しなければならないことも臨床ではあるので
しっかり勉強しておいてください。

h pⅯ.jfif
dbnm,.jfifgvoi.jfiflkjcx.jfiflbv.jfifphb.jfifxv l.jfif

最後の授業は「ケアリング」

bv.jfif

最後にみんなに伝えておきたいことをお話しました。
何のためにこの2年目のカリキュラムがあったのか。
何を学んだのか。
何を得たのか。
これから何をめざすのか。

授業終了後、みんなで記念撮影

unspecified.jfif
oigvp.jfif

厳しくも楽しく(私だけ?(笑))、助け合って学んできたこの1年。
みんなの芯が強くなっているのを感じます。

知識のないところに実践はない
想像のないところに創造はない
愛のないところにケアはない

どうかこの2年の学びを無駄にすることなく、
苦しむ誰かのために努力を続けてくださいね。

認定試験、頑張って。



posted by hcpro at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月02日

名古屋のボランティア実習が始まりました!!!!!

日本臨床アロマセラピスト協会(JCAA)に所属する東海地区の
アロマセラピストたちによるボランティア実習が始まりました。

IMG_3142.JPG

みなさん、気に入ってくださったようです。

IMG_3144.JPG

それぞれの思いに寄り添います。

IMG_3145.JPG
IMG_3143.JPG
IMG_3147.JPG
IMG_3146.JPG

次回も利用者さんの心身の状態をよく見て、香りやタッチを
工夫していってくださいね。
posted by hcpro at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月30日

神戸15期生は梨をいただいてみんな元気いっぱい!!

鳥取から受講している生徒さんから
おいしい20世紀ナシをいただき、みんなご機嫌で始まりましたるんるん

unspecified.jfif


8/27(土)10時〜14時
水野泰行先生「心身医学総論」

vdxunspecified.jfif

初めて心身医学について聞く方も多かったですね。
患者さんの症例を交えながら、心身医学についてわかりやすく理解することができました。

vbunspecified.jfif

ホリスティックな視点を持つために必須の講義です。
また講義の中でリラクセーションのワークを行いました。

junspecified.jfif
tfgbvunspecified.jfif

脱力して気持ちよくなった生徒さんもいましたよ。
セルフケアにも役立てていきましょうわーい(嬉しい顔)

15時〜19時
稲田講師「コンサルテーション1(相手の話を聞く)」

mjhgunspecified.jfif

コンサルテーションは難しい項目ですが、
クライアントに興味をもってやさしく接してください。

gunspecified.jfif
jghんvunspecified.jfif

ワークでは、お互いにクライアントとセラピストを体験し、
お話を聴くタイミングや表情、あいづちなどに気をつけ
話やすい雰囲気をつくることの難しさを実感したと思います。
日ごろから相手とお話する時に意識することも必要ですねひらめき


28日(日)1日「実技」

mjhtunspecified.jfif

今回は背中後半・脚部前面
長い1日でしたが、実技アシスタントの先生にも指導を受け、
みなさん真面目に取り組んでいました。

423れsdf .jfif
ht3unspecified.jfif
jytれunspecified.jfif
wてsgrdf .jfif
htrunspecified.jfif
gf .jfif
3れs .jfif
えrb .jfif

柴田講師の圧チェックもありましたが、タッチは合格でしたか?

ふぇdunspecified.jfif

実技は体で覚えていきましょう。
下半身の体重移動が必要です。
細かな手技ではクライアントさんの表情にも注意が必要ですよ。

えsrdf .jfif
えsfvunspecified.jfif

来月は実技も中間試験!
しっかり復習しておきましょう!!!
posted by hcpro at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月25日

2回めの広島講演(^O^)/

関西看護出版主催の広島講演。
「緩和ケアにおける臨床アロマセラピーの理論と実践」

14087516_877505012382624_1275974961_o.jpg

ワークショップも大盛りあがり!(^^)!

14045178_877505269049265_1793627817_o.jpg

実技もみなさん熱心でした

14060173_877505439049248_1054732958_o.jpg

今回、アシスタントをしてくださったのは
舩津さん、奥さん、田中さんです!

14045109_877504995715959_1262932881_o.jpg
DSC_2561.JPG
14087353_877504989049293_109092600_o.jpg

講演後、広島に住む友人の米ちゃんも一緒にtea time

DSC_2564.JPG

ベチバーの根と柚子の葉っぱを見せてもらいました。

DSC_2563.JPG


帰る前に米ちゃんに説明をしてもらいながら
原爆ドームに連れて行ってもらいました。

14087747_1136437446448987_868594319_o.jpg

たくさんの子どもたちが犠牲になった川のほとりを歩き、
命のはかなさと命のありがたさを感じながら、
そっと大木の幹に手を触れるとかすかに温かく、
ほっと癒されました。



posted by hcpro at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記