2014年05月03日

セラピスト今月号に

DSC_2610.JPG

卒業生の中村真澄さんの記事が掲載されました!

photo1.jpg

まだアロマセラピーがこれほど普及していない時から
ずっとあきらめず頑張ってきた卒業生の一人です。
現在自身のケアルームを運営しながら、病院やクリニックでも活動しています。

中村さんの記事の後には当校へのインタビュー記事が載っています。
結構辛口に書いています(笑)

photo2.jpg

病院でアロマセラピーをすることがステイタスなのではありません。
私たちはあくまで黒子。患者さんの安楽をつくり、守っていくことが仕事なだけで
病院で活動することが偉いことでもなんでもない。

家族の中にも隣の家にもアロマセラピーが必要な方はいます。
Life touch にもwellnwss にも専門的なアロマセラピーを求めて
たくさんの方が来られます。時には訪問でお宅で施術することもあります。

未病を防ぐこともまた大事なことでもありますし、
病いをかかえてしまってから回復や改善に努めることも
すべて私たちの仕事。

どこでするかが重要ではなく、誰のために何ができるかが問われるのです。

責任のある仕事です。しっかり知識と実践力を身に付けましょう。
posted by hcpro at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95220019
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック