2017年02月13日

臨床アロマセラピストコース2月度も充実した2日間でしたよ

病院実習では、そろそろ自分の考えかたの癖や思い込みではなく、
患者さんをしっかりアセスメントする能力が必要なことがわかってきましたね。

まずは実習報告から。

5ert.jpg
bg.jpg
bi.jpg

臨床は、患者さんとともに作り上げる現場なので、
一方通行の行為ではケアにはなりません。
医療従事者であっても忘れてしまっていることがあったのでは?


最初の授業は、「心療内科におけるアロマセラピー」

unspecified.jpg

グループワークで様々なケースにおけるアロマケアを考えます。

trgbb.jpg
IMG_0376.jpg
rtg.jpg

翌日は、「教授法2」
セミナー企画組は、そろそろ対象者とその方たちにあったテーマづくり。
研究組はリサーチクエッションからの目的を決め、先行研究の検討。

adz.jpg
egthbn.jpg
5y rtgfd.jpg

それぞれ個人やグループで、
臨床アロマセラピストとして自分たちの将来や社会に役立つことを
一生懸命考えています。

最後は、フルボディアロママッサージのチェックです。
1年目と違い、ケアルームにお越しになられる可能性のある
様々な年齢や主訴をお持ちのクライアントになりきっています。
耳が遠い? 膝に痛みがある? 術後すぐ? 麻痺がある?

cvfbghjk.jpg
df,.jpg
vcuygbn.jpg

よく部分だけの施術を学んで臨床に出ようとする方もいますが
アロマセラピーマッサージはフルボディができてこそ、
クライアントに合わせて部位を選択できるのです。

fyugfb.jpg

特に心療内科の患者さんには、フルボディが必要なことが多いですから、
しっかり身についているか厳しい(笑)チェックが入ります。

臨床アロマセラピストコース7期生は、2月度も熱く、深く学んだと思います。
来月も元気に会いましょう!

課題忘れないでね!わーい(嬉しい顔)



posted by hcpro at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178757281
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック