2016年10月13日

神戸校14期生、クリニカルコース6期生の合同卒業式(^O^)/ Part1

1.jfif

稲田先生の司会で始まりました!
今年の神戸校の記念講演は、元神戸製鋼ラガーマン、現神戸親和女子大学准教授の
平尾 剛先生。

100.jfif

さすが背が高い!
でも分厚い感じのラガーマンのイメージと違います。
それには訳があったのです。

2.jfif

昔は筋肉をつけ、身体を大きくしていくことが第一線のアスリートの条件だったそうです。

3.jfif
4.jfif

そのために怪我をし、脳震盪の後遺症で苦しんだ日々。
そこでわかった本当の「身体」の意味。

質問は竹林先生から「難波走り」について

5.jfif

身体について間違った考え方が多いのではないか。
強い体は筋肉の大きさではなく、しなやかさ方が大事なのではないか。

知っているはずの自分の身体を、本当に知っているのでしょうか?
無理させているのかもしれません。







posted by hcpro at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177235090
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック